最新情報

「恩光」~春の光~

 

日常の生活をしている中で、「光」について

あまり深く考えることはないかもしれません。

それはきっと、あたり前に日常にあるものだから…

自然に差し込む光、人工的に照らす光、ある物に反射する光。

その建物の環境によって、敷地に対する考え方によって、

建物にあたえる「光」は、姿を変えていきます。

日本にも四季があり、その季節によって光の先に見える景色を楽しむ事ができます。

今回、効果的な反射光を利用し、自然光の入り方を四季によって

楽しんで頂く建物…

 
 

U邸(2)

 
 

また、住宅密集地でプライバシーを守りながら安定した光と、

日が落ちたときの間接的な光を楽しんで頂く建物…

 

K邸 (14)

 
 

どちらの建物も「光」の大切さと楽しみ方を、住み手の感覚によって選択し、

提案させて頂きました。

なくてはならない「光」

しかし、それは決してあたり前ではなく、その環境と住む方の感覚をしっかり

掴み取ることで、居心地の良い空間(恩光)を感じることができるのだと思います。

 
 

~いいデザインと暮らそう~

2018年4月6日20時56分
|ブログ

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


六 − 2 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>