北欧スタイルのインテリア

日本では最近、家具や雑貨で北欧スタイルが流行しています。

 

大手家具店のイケアはスウェーデンを本拠地にしていますが、
日本にいくつか店舗を展開していて多くの人が訪れています。
かわいいグッズが揃った北欧雑貨のお店は、若い女性に人気があります。

 

ところで、北欧スタイルとはどんな特徴のあるインテリアなのでしょうか?

 

141221_ダイニング01

 

北欧とは、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマークなど
スカンジナビア半島周辺の国々を指します。

 

ヨーロッパの中でも北極に近い位置にあり、

夏は快適ですが冬は寒さが厳しく、寒い季節が長く続きます。

 

寒い季節は家の中で過ごす時間が多くなるため、

室内での生活を心地良く過ごすインテリアが生み出されました。
それが、北欧スタイルと呼ばれるインテリアです。

 

北欧スタイルには、シンプルでナチュラルなものがあれば、

明るい色を使ったカラフルなもの、
幾何学模様で目を楽しませてくれるものなど、
いろんなジャンルがあります。

 

インテリアのデザインが多様なので、

北欧インテリアの店内を見てまわるだけでも時間がかかります。
動物や植物をモチーフにしたものが多く、そのユニークさが注目されています。

 

部屋を北欧風のインテリアにするため、

北欧スタイルの家具を購入するというのも一つの方法ですが、
ソファやテーブルなど大型家具を買い替えなくても、
北欧らしいアイテムを使ってイメージを変えることができます。

 

ただし北欧スタイルを楽しむため、

壁は白、床はフローリングであったほうが良さそうです。
また照明器具はシンプルなデザインがおすすめです。

 

部屋を落ち着いた雰囲気の北欧スタイルにするなら、

グリーンやブルー、グレーなどの色を取り入れます。
ソファーがブルーなら、ソファーの上にブルーの色が入ったファブリックを配置したり、
ブルーの色を使ったラグがあると、統一感のある部屋になります。

 

子ども部屋のような明るく楽しい雰囲気のある部屋にするなら、

ビビットカラーを取り入れます。
カーテンやクッションに赤や黄色を取り入れたり、
壁に幾何学模様のウォールステッカーを貼ってみるといいでしょう。
それだけでおしゃれな北欧スタイルの部屋に変身します。

 

北欧スタイルの基本はナチュラル&シンプルなので、

日本の住宅では取り入れやすいインテリアかもしれません。

 

北欧インテリアの店はネットショップで展開しているところが多く、

ベルメゾンやニッセンなどの大手通販でも購入できるようです。

INSTAGRAM FOLLOW US