最新ブログ

~「創る」ということ~

 

先日、京都国立近代美術館で開催されている

「技を極める」展に行ってきました。

フランス「ヴァン クリーフ&アペール」の作品展示と共に

近代日本の工芸品を展示。

貴重な作品の数々を見ることが出来ました。

 
 

IMG_3226

 
 

その中で「創る」工程を詳しく見れるところがあり、

日常の仕事の中でリンクする部分がありました。

「デザイン」→「型」→「組立」→「磨き」

その工程ごとに熟練の職人が携わり、最終的に一点の物を創り上げる。

そこには、素材選びから全ての技術まで一切の妥協がないように感じました。

完成した物に、目を離せなくなるくらい魅力を感じること…

引き込まれるほど感動すること…

私たちも、少しでもクライアントの方々にそう感じて頂けるような

提案を続けていきたい、改めてそう思いました。

 
 

IMG_3227

 
 

また、今回は有名な建築家の方が空間構成をされた、ということも

見所の1つであり、小さなジュエリーをそれぞれのガラスケースに配置し、

目線の行き先・動線のつなげ方がとても考えられてると思いました。

建築とジュエリー、異分野でこその「創る」ことの大切さを、

再認識することができました。

 
 

~いいデザインと暮らそう~

2017年7月15日20時16分
|ブログ

コメントはまだありません

~家具の存在~

 

すまい創りを始めるときに、何を自分の一番にしますか?

機能性・予算・デザイン…

個々によって違いがあり、その優先順位に正解はないと思います。

その中の1つに「家具」というテーマがあります。

素材、寸法、デザインなどたくさんの選択肢があり、

その選択するものによって、空間の表情が180度変わってきます。

どのようにくつろぎ、心地よく過ごしていくか…

その為に必要な家具の寸法は?素材は?

そしてその家具を配置する為に必要な空間の広さは?

 
 
デザイン リビング
 
 

「家具」というテーマから紐解く家創りがあり、

その選ばれた家具が、住宅と共に年月を重ね、変わりゆく家族の在り方に

柔軟に寄り添っていく。

居心地の良いデザインと空間には、考えられた家具の存在が

必要不可欠であると私たちは考えます。

 
 
s_a (7) (1)

 
 

~いいデザインと暮らそう~

2017年6月17日9時38分
|ブログ

コメントはまだありません

123