最新ブログ

「恩光」~春の光~

 

日常の生活をしている中で、「光」について

あまり深く考えることはないかもしれません。

それはきっと、あたり前に日常にあるものだから…

自然に差し込む光、人工的に照らす光、ある物に反射する光。

その建物の環境によって、敷地に対する考え方によって、

建物にあたえる「光」は、姿を変えていきます。

日本にも四季があり、その季節によって光の先に見える景色を楽しむ事ができます。

今回、効果的な反射光を利用し、自然光の入り方を四季によって

楽しんで頂く建物…

 
 

U邸(2)

 
 

また、住宅密集地でプライバシーを守りながら安定した光と、

日が落ちたときの間接的な光を楽しんで頂く建物…

 

K邸 (14)

 
 

どちらの建物も「光」の大切さと楽しみ方を、住み手の感覚によって選択し、

提案させて頂きました。

なくてはならない「光」

しかし、それは決してあたり前ではなく、その環境と住む方の感覚をしっかり

掴み取ることで、居心地の良い空間(恩光)を感じることができるのだと思います。

 
 

~いいデザインと暮らそう~

2018年4月6日20時56分
|ブログ

コメントはまだありません

~ひと手間~

「通常の処理の仕方に付け加える、より良く仕上げるための

ちょっとした工夫」

 

先日、名古屋にあるアイカ工業の工場見学に行ってきました。

化粧板・メラミン工場やカウンター工場を廻り、

原材料から完成までの工程、出荷までの流れを実際に見せてもらう

貴重な経験でした。

 

完成品としての納入までには、色々な工夫があり、知恵があり、大変さがあり…

 

意外だったのは、人の手によって完成までに手間をかけている、

ということでした。

工業製品という認識のなかで、完成までラインに沿って機械が動き

管理をしていくイメージでした。

しかし、実際は接合部など仕上げを1つずつ、ひと手間かけていることが、

意外であり、また感心しました。

 
 

IMG_1376

 
 

物創りにおいて、工夫すること、手間をかけること…

過程は違っても、良いものを提供していくには必要なことであり、

仕事をしていくなかで日々意識することが、

大切な事だと思いました。

 
 

~いいデザインと暮らそう~

2018年1月29日19時48分
|ブログ

コメントはまだありません